中学受験の心構え

中学受験の心構え

もし自分が中学受験をする立場だった場合、小学生で受験に向けての勉強をしないといけないと思うと気が引けてしまいます。
そう思ってしまうのは、中学受験を受けるという選択があまり無かった世代だからでしょうか?

 

しかし今の小学生は中学受験を受けるか受けないかの選択をする事は当たり前の事となっているのでしょう。
きっと受けるか受けないかも分からないままで塾へ通っている子供達も多いのではないでしょうか?
自分の小学生時代は勉強よりも友達と遊んだ記憶が主だったので、まだまだ遊び盛りの幼い子供に勉強を強いるのは酷な事なのではないのだろうかと思いましたが、現代の子供達はそれが日常であり通常なのです。
学校・塾・宿題とこなし、勉強をする事が日課といえる現代っ子って本当に凄いと思います。
そういった環境で育った上での中学受験となると、入試に挑む心構えが出来ており受験へも取り組みやすいのでしょう。
志望校などの目標を定めた上での学習はポテンシャルも高められ効率良く学習も出来ますね。

 

小学生の間に中学受験に力を注ぎ、中高一貫校に合格出来れば、高校受験も大学受験も受けずしてエスカレーター式で進学出来ると考えると頑張れる様な気もしてきます。